参加・体験型プロジェクト

参加・体験型プロジェクトとは

概要

IMG_4986[1]

YouthCreateでは小学生から社会人に至るまで、年代や状況にあわせて目標・方法を変え、政治・選挙の重要性を楽しみながら理解することができるプログラムを企画・実施しています。

教育課程において、投票や自分の働きかけにより生活状況が変わるような政治的有効体験(失敗体験)を経験する機会はなかなかありません。そうした機会が無い現状において、二十歳になったら突然「投票に行こう」「政治に興味を持とう」ということはあまりに無責任です。

「選んだ生徒会長が、校則を変えてくれた」「修学旅行の行き先を生徒自身で決めることが出来た」「まちづくりに関して意見が取り入れられた」・・・このような体験を積み重ねてこそ、政治・選挙の重要性を理解することができるのではないでしょうか。

取り組み内容

対象は未成年・成年問わず、参加・体験型のプログラムを開発し実施しています。
テーマは大きく二つです。

①実際の政治・選挙の重要性や関わり方に関すること。
②日常生活・学校生活内での意思決定の過程などに関すること。

学校や行政、他の団体と共に実施することもあります。

「18歳選挙権時代」へ

公職選挙法の改正により、今年夏の参議院選挙から18歳以上の投票が可能となる見込みです。現在この大切なタイミングに合わせて様々な仕掛けを行っています。
私たちは、日常生活・学校生活内での物事を決める過程への参画や実際の政治に関する学びの機会を様々な形、場で提供します。

◎18歳選挙権、学校教育に向けた取り組み◎
・総務省事業「選挙権年齢が18歳以上に。」
・中高生向け政治教育プログラムの開発、実践、及び公開
弊団体で扱う主権者教育プログラムをワークショップや体験学習を中心に、「講義概要」としてまとめました。
そのまま活用いただいても、授業のヒントとしてお読みいただいても構いません。ぜひご利用ください!
「若者と政治を『つなぐ』――21世紀型政治参画のための知識、思考・行動、そして実践」

実績

「有権者レーダーを作ろう!」ワークショップ(複数回実施)
選挙以外での政治との関わり方体験ゲーム(複数回実施)
小平市立学園東小学校   模擬投票授業
足立区立足立東高校  模擬投票授業
(高校での模擬選挙実施は多くの学校にご依頼を頂いています。)
横浜市青葉区放課後プログラム ワークショップ&模擬投票
群馬県伊勢崎市内小学校 ワークショップ
練馬区立豊渓中学校 ワークショップ
東京都立駒場高校でのワークショップ
(高校でのワークショップ実施は多くの学校にご依頼を頂いています。)
進学塾内でのワークショップ等

ご興味のある方は、以下の問い合わせよりご連絡ください。
ご要望・対象学年・人数などに応じて、弊団体の既存のプログラムの調整については柔軟に対応いたします。

出前授業実施予定一覧

お問い合わせはこちら

  模擬選挙1 DSC_0069

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総務大臣表彰受賞
登壇情報
イベント情報

『NPO法人 YouthCreate』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

おすすめコンテンツ

NPO法人YouthCreate代表原田が政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別­委員会にて18歳選挙権に関しての参考人として呼ばれました。 その際の冒頭の15分間の意見陳述の様子です。
若者と地方議員の交流会「VotersBar」のPR映像です。
Copyright © NPO法人YouthCreate All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.