主権者教育プログラム・選挙ワークシート公開中

  • HOME
  • » 主権者教育プログラム・選挙ワークシート公開中

主権者教育プログラム・選挙ワークシート公開中

YouthCreateでは主権者教育・選挙の際の活用できるワークシートを2種類公開しています。

「初めての選挙で何がなんだか分からない…」「生徒にどう伝えればいいんだろう…」
そんなお悩みにお役立ていただければと思います。

主権者教育プログラム冊子
「若者と政治を『つなぐ』—21世紀型政治参画のための知識、思考・行動、そして実践」

プログラムを通して政治、とくに地方政治を実践に活かせる形で理解するための基礎的視点を得ることができます。また地方政治・行政へのアクセス方法や、選挙以外を通じたアクセスの方法を知ることができます。

そして現実社会における政治・行政の動きや、若者と政治をとりまく現状について理解し、政治に参画する主体として 当事者意識を深めていきます。

候補者の選び方、政策形成・実施提案など、主権者・有権者として政治参画するための基礎的な技能を習得することを目的としています。(詳しくはこちら

 

【こんな方へおすすめ】
・地域と政治の関わりについてもっと知りたい
・街づくりの視点から政治を学んでみたい
・皆で話し合って地域の未来について話し合いたい

【実際にプログラムが使用された授業の様子】
東京都立高島高校
中野区立南中野中学校

■利用方法
以下のフォームのアンケートにご協力ください。
回答を送信後、ダウンロードページのURLが表示されます。

あなたの投票サポートプログラム
「ENJOY VOTE !−1票の行方を決める5STEP−」

選挙に関連した授業の実施を考えている学校の先生、選挙のことを考えるイベントを企画したい個人や団体の方、友達同士や家族で選挙の話をちょっとしてみたいとお考えの方、すぐに使えるワークシートを公開しています。

自分が日々暮らしていての実感やこれからの暮らしに望むこと、様々な政策と自分のいま、じっくり考えてみませんか。実際の選挙に合わせ自分の投票に対する軸をつくることができるプログラムです。

あなたの一票にぜひご活用ください。そしてぜひ、選挙を通したコミュニケーションを広げてください。

 

【こんな方におすすめ】
・18歳になって選挙にいけるようになったけど周りに相談できる人がいない
・候補者がたくさんいて投票先に迷う
・自分と選挙がどう関わっているのか分からない、考える軸が定まっていない

【実際にプログラムが使用されたイベントの様子】
都議選を読み解く「自分の軸」をつくる:ワークショップ「TOHYO&TOKYO」を開催
※リンク先では特に2017年の都議選に着目したものが見られます

■利用方法
以下のフォームのアンケートにご協力ください。
回答を送信後、ダウンロードページのURLが表示されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の選挙が待ち遠しくなる!講座

ハンドブック「子育てと政治をつないだら」

登壇情報
イベント情報

2017年度活動報告書

総務大臣表彰受賞

おすすめコンテンツ

NPO法人YouthCreate代表原田が政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別­委員会にて18歳選挙権に関しての参考人として呼ばれました。 その際の冒頭の15分間の意見陳述の様子です。
若者と地方議員の交流会「VotersCafe」のPR映像です。
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.