保育や子どもと遠いようで、本当はきっと近いはずの「政治」
でもなかなか“議員”さんと話す機会もないし、政治のことって正直あんまりわからない…なんてことはないでしょうか。

今回のVotersBarでは、「保育ドリームプラン・プレゼンテーション」と連携し、保育や子どもに関わるみなさんと、地方議員さんと一緒に、保育の未来について語り合います。

お気軽にご参加ください。

詳細

・日時:2017年9月3日 (日) 14:00~17:00 ※13:45受付開始
・会場:サンシャイン総合学園 秋葉原校(千代田区神田佐久間町3-15 藤井ビル1F)
アクセス:https://sun-shine-sogogakuen.com/access/
・参加費:1000円(備品・飲食代として)

参加者

保育や子育てに関わっている方、関心のある方
20~30名

参加議員

・鈴木 綾子 江東区議会議員(民進党)
・藤澤 愛子 豊島区議会議員(自由民主党)
・古谷 やすひこ 横浜市会議員(日本共産党)
・吉岡 なつえ 日野市議会議員(日野・生活者ネットワーク)

プログラム

・オープニング(10分)挨拶・企画趣旨説明など
・議員自己紹介(10分)
・議員トークセッション(20分)各議員が考える保育や子育て現状と未来について、運営の進行の元お話いただきます。
・ワールドカフェ(75分) 議員と参加者でグループを作り、各テーマについて話し合います。
・ふりかえり(15分)
・交流会(40分)
・エンディング(10分)アンケート記入、記念撮影、閉会挨拶

 
過去のVotersBarの様子

Voters Barとは?

あなたの日常や地域のこと、さらには未来にまで関わっているのが政治です。
その政治を行なっているのが、私達の代表である一人一人の政治家です。
でも、その政治家と話す機会ってあまりないですよね。
Voters Barは政治に触れるきっかけです。

主催

NPO法人YouthCreate

保育ドリームプラン・プレゼンテーション企画部 (2014年2月結成)https://www.hoiku-drepla.net/
「子どもの育ちを大切にし、子どもや子育てに優しい社会をつくる」ことを目指して活動をしている任意団体。

全国で年間約50ヵ所で行われているドリームプラン・プレゼンテーション(ドリプラ)の保育版として立ち上げ、1年に1度、保育関係者が自分の夢を語るプレゼン大会、「保育ドリプラ」を開催し、4年目となる。

また、保育ドリプラではプレゼン大会以外でも、企画部による勉強会の開催、保育の魅力発信部によるネットTVの放送など、子どもや保育に関する活動を幅広く行っている。

代表:藤本奈津美(32才・板橋区出身)

大学卒業後、公立保育園で7年勤務。その後東京学芸大学芸の森保育園にて主任兼研究員として勤務し、現在は池袋にて「こどもの王国」を開園、園長をしている。

2011年に保育者向けワークショップの開催をするchild+を創立。保育者の想いを発信する必要性を感じ保育ドリプラを立ち上げた。
月刊ひろばをはじめとする複数の保育雑誌でカリキュラムの執筆をするなど多岐にわたり活動している。

参加申込フォーム

下記のフォームより必要事項にご記入の上、送信してください。