こんにちは、教育班の浜田です。
先日9月2日で4回目となったこの講座。いよいよ具体的に日野市の未来について考える段階に入って行きました。
今回からは、日野市長期計画2020プランを参考に3つのテーマに分かれての班活動になります。「子どもの居場所」、「高齢者の孤立」、「同世代(若者)に向けた日野市の広報」をテーマに、関わっているアクターや機関にはどんなものがあるのか?どんな街になるのが理想か?などを考えてもらいました。


例えば「子どもの居場所」ひとつをとっても、そこに関わるのは子どもだけではなく、親や地域の人もいる。ということは子どもの居場所を通じて地域のコミュニティが作れるのでは…?など、広い視点からみた意見が出ていました。
そして次回は市の地域戦略室からゲストが来るということで…ゲストに向けた質問づくりも実施。より説得力のある質問づくりのために、日野市の現状についてのリサーチも行いました。何の情報を見れば良いのか…から悩みつつ、「日野市ではこんな取組みがされていたのか」という気づきや、「現状の日野だけを見ていると、将来的に人口に変化があった時にどうするのだろう?」という疑問などが出てきました。


理想を描きつつ現状も少し見えてきた今回。次回はゲストとの質疑応答を通じて現状についてより理解を深めて行きます。
年末には成果報告会も…?次回以降も進捗が楽しみです。

▽過去の講座の様子はこちら
第1回 6月17日(土):イントロダクション
第2回 7月15日(土):街の政治を知ろう
第3回 8月5日(土):都内施設見学(国会)