Democracyという視点から地域の将来を考える場、デモクラタウン

街や地域で、色んな取り組みを行い想いを持っている多様な人々がいます。
そして同時に、みんなは民主主義社会の担い手です。

「少子高齢化・人口減少社会において「市民」と「政治行政」の連携により地域をよりよくするにはどうすればいいのか?」
「そもそも、政治って大事だとは言われているが、正直よくわからん。どのように参加していけばいいの?」

そんなことをみんなで考える場を作りませんか?
三重県や全国で様々な形で地域や政治に関わる人の話をきき、そして参加者みんなで市民と街について考えていく場です。

イベント概要

日時:5月19日(土)16:00~18:00
(終了後希望者により別会場にて懇親会予定)

定員:30人

会場:三重大学内の教室

参加費:学生無料/社会人500円 (投げ銭歓迎)

コンテンツ

〇オープニング

〇ショートプレゼン
・東大史 三重大学講師
・奥田裕久 特定非営利活動法人サルシカ代表理事
・小幡和輝 NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師
・原田謙介 NPO法人YouthCreate代表
その他調整中

〇解放の時間(グループトーク)
グループに分かれ、市民として地域をよりよくするためにできることを話し合う場

〇クロージング
(詳細は随時更新します)

参加申し込み

ショートプレゼン話者詳細

東 大史
1977年シアトル生まれ。食品メーカー研究員、ITベンチャーでのIPOを経験後独立。30歳で突如ローカルビジネスに目覚め、主に山間地再生・廃校活用分野でプロジェクトの0→1を立ち上げるお仕事を経験。復興庁・日本財団における東日本大震災復興支援プロジェクト、内閣府地方創生シティマネージャー(北海道奈井江町)を経て、現在は三重大学でサバイバル能力の高い若者を育成する役割に従事。属人的な産学官連携のノウハウを後進に伝えることを進めている。

小幡 和輝
NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師
1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。
2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

奥田 裕久
三重県津市出身 昭和40年生まれ
東京で漫画原作者、放送作家として活躍後、ネット企業を設立。
公開企業のグループ会社化と同時に、その親会社の代表取締役に就任。
2007年、スローライフを求めて家族と共に三重へ。
現在、構成作家として三重テレビ「ゲンキみえ!生き活きリポート」などを担当。また同局「とってもワクドキ」月曜日のコメンテーターとしても出演中。

原田 謙介
NPO法人YouthCreate代表理事
1986年生まれ 主権者教育プログラム作成や実施、若者の政治参画を進めるための様々な企画作成や研修などを行う。
岡山大学非常勤講師  /日本シティズンシップ教育フォーラム共同代表/ 総務省・文科省政治や選挙等に関する高校生向け副教材執筆メンバー
サッカーが大好き!
http://youth-create.jp/youthcreate/harada/

デモクラタウン@三重 運営メンバー

原田謙介 NPO法人YouthCreate代表
東大史 三重大学准教授
小幡和輝 NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder
中川雄貴 株式会社美杉リゾート代表取締役