こんにちは。今回記事の執筆を担当させていただく、インターンの吉川と申します。よろしくお願いします。

今回のイベントは、「中野区長選を前に、中野区のことを知り、自分の暮らしを見つめ、候補者や政策を見る自分なりの「軸」をつくる」というテーマで開催されました。

一見難しそうなテーマに見えますが、予備知識がなくてもかなり楽しく参加できました。

まずは簡単にアイスブレイクから

自己紹介で、最近あった良いことや中野区の好きなところを、一人ずつ聞いていきました。

皆さん色んなことを書かれていて、楽しい雰囲気でのスタートとなりました。
そのあと、代表原田が中野区の現状について、楽しくレクチャーしてくれました。

グループワーク ~人柄と政策を知る~

その後、区長候補の人柄と政策を見比べました。候補者ごとに過去の経歴や主要政策、趣味や人柄にふれることで、それぞれの候補がより身近に感じることができました。

また、選挙公報を見たりもしました。普段選挙公報なんてあまり見ないのですが、いざ見比べてみるといろんな違いがあって、意外にも面白かったので自分でも驚きました。

~政策関心見比べタイム~

次に、子育てやサンプラザ、中野駅などの分野別で政策比較をしました。

今回は参加者それぞれが自分の関心のある分野を2つずつ選び、その政策を読んでどう思うのかを話してみることになりました。参加者の方には、いろんな思いを持った方もいらっしゃって、子育て支援に関することなど、実際の生の声を聴くことができました。

選挙では今までに候補者がどんなことをやってきたのかなども見て、その上で投票先を考える事も大切なのと感じさせられました。

~自分の関心度が分かる有権者レーダーづくり~

最後に、今日のイベントを踏まえて、有権者レーダーを作成しました。

これをやってみると、今回の区長選挙において、自分がどの分野に関心を抱いているかが、わかりやすく見えるようになりました。

自分は中野区に来たばかりであまり知識がなかったのですが、このイベントでいろんな人の考えを聞いて、今回話題に上がった分野の関心がとても高まっていることが分かりました。有識者レーダーを作ると、そういうことに気づけるというのが面白かったです。

最後に感想です。
ちょっと行ってみようかなくらいの、軽い気持ちで参加したこのイベントでしたが、政治への意識が高まったとすぐに感じることができ、実りのある時間が過ごせました。参加して本当によかったと感じます。

もっとたくさんの人に参加してもらえるようになれば、政治を身近に感じる人が少しずつ増えていくのではないかなと感じました。

最後までお読みいただきありがとうございました。