こんにちは!社会人ボランティアチームの横張です!

8月25日、子育て×政治のイベントとして「Oya Cafe in 世田谷~子育てと社会が“ふらっと“つながるスペース~」を開催しました。

今回は、「せたがや子育てネット」の松田妙子代表のご協力により、広場を会場としてお借りしました。

イベント内容は、行政と社会福祉協議会の子育て部門を担当される方にお越しいただき、グループセッションと、子育て支援担当課長の松本課長をゲストに、当法人代表の原田謙介とトークセッションを行いました。

まず、本イベントを進める前にYouthCreateについて、概要を代表ハラケンより説明させて頂きました。

次に本イベントの趣旨説明を社会人ボランティアチームの横張より説明させて頂きました。

趣旨説明が終了したところで、まず、グループセッションのスタートです。

グループセッションは、2パートに分かれており、前半は、参加者を中心に「行政の制度としてあって良かったもの、あったらいいなと思うもの」について、後半は、行政の方を中心に「行政の取り組みや課題の解決策を考える。」ことをテーマに行いました。

前半パートでは、子育ての経験しなければわからないような当事者目線の意見が多く聞かれ、行政の方も真剣に耳を傾けていらっしゃいました。

こちらの写真ですが、実は休憩中の様子です。
休憩中にもかかわらず、皆さん熱のある話をされています。

後半パートでは、前半パートでの話を踏まえ、すでに行政で取り組んでいること、まだ改善の余地があることは何かを整理し、課題への解決策を考えました。

トークセッションでは、子育て支援担当課の松本課長にゲストとして登壇いただきました。
各グループから出た意見を聞きながら、区が現在力を入れている事例について説明いただきました。

特に子育て際に行政より支給されるじゃばら式のマニュアルは、大好評でした。

また、最後にハラケンより、行政職員との上手な付き合い方、コミュニケーションの方法、行政・政治への声の届け方等の話が繰り広げられました。

参加された方から意欲的な質問が相次ぎ、会場が一体となったトークセッションになっていたことが印象的でした。

アンケートの自由記述では、
・行政の方の様々な話を伺えた。
・子育てについて、みんなで話し合うことが重要に思えました。私もやりたい。

中には、本イベントをキッカケに行政と繋がり、子育て広場づくりの第一歩を踏み出すかたもいらっしゃり、開催者冥利に尽きる結果となりました。

最後に、松田代表をはじめ、行政、社会福祉協議会の方、参加いただいた方、興味を持っていただいた方々、本当にありがとうございました。

次回は、今回のグループセッションで、解決が難しい問題つまり政治の分野で解決しなければいけない話について、世田谷の区議会議員を集め、開催する予定です。

次回イベントにも是非ご参加ください!

開催レポート

今回のOyaCafeの中で出た声と、それに対する行政の返答などをまとめました。
(下記の画像をクリックするとPDFが開きます)