こんにちは!WASAOの広報を担当しています松重です。

7月から中高生や地域の方が自由に利用できるフリースペース「WASAOスポット」のオープンに先駆けてWASAOオープンイベント『中高生が考えたいあなたと街の未来』~キャリアを通して政治に触れる~を開催しました。中学生から社会人まで20名以上の方にご参加いただき、興味深い話ができましたよ。
どんなイベントだったかご紹介していきます。

①アイスブレイク
まずは緊張をほぐすために、じゃんけん列車をしながら自己紹介をしました。じゃんけんをして負けた人が後ろに並んでどんどん列を作るというゲームなのですが、その時に名前や所属、趣味などの自己紹介をしていきました。座ってするよりも盛り上がったのは体を動かした効果かな?

②トークセッション
メインともいえるトークセッション。今回のゲストには北島 琢也さん、小西 美紀さん、野々宮 聡大さん、山本 将徳さんの4名に来ていただきました。ゲストハウスのオーナーに市の職員の方やNPO法人の理事長、商店街振興組合の方など多彩なキャリアの方に来ていただきました。形式はお題を出してボードに書いて答えていくというものです。まずはそれぞれのキャリアについたきっかけやキャリアの面白さを聞いていき、終盤に政治とのかかわり方や政治についてどのように感じるか聞いていきました。学生からは政治がどんなものかわからないという率直な意見も出てきて、改めて政治について考えるいい機会となりました。

③座談会
トークセッションで出た疑問や気になったことをゲストごと4グループに分かれて直接質問をしていきました。参加者は15分、15分で2人のゲストに直接質問を投げかけることができ、どのグループも時間いっぱいまで質問が飛び交っていました。また、ゲストから参加者へ質問するシーンもあり双方向のやり取りもできたようです。

④交流会
お菓子と飲み物を持って、ゲストと参加者が自由に会話できる時間となりました。イベント中よりもさらにざっくばらんにキャリアや活動など話していきました。参加してくれた学生やゲストの交流もありとても充実した時間となりました。WASAOスポットはこのように学生や地域の人が垣根なく街や政治について話せる場所となることを目指しているので、今後のビジョンが少し見えた気がしました。

世代を超えた方とこんなに話すことはめったにないので新しい気付きが多くの方にあったようです。政治は難しいで終わってしまうのではなく、何が難しいのか一歩踏み込んで考えてみるのは大切ですよね。ゲストの皆さま、参加者の皆さま、多彩な議論ができとても楽しかったです。ありがとうございました!