11月26日(日)にYouthCreate5周年記念イベントを開催いたしました。
お越しいただいた皆様、有難うございました!総勢40名以上の方々にご参加いただきました。

▽クイックレポートはこちら
この記事ではその内容に踏み込み、レポートいたします。

YouthCreate新理事の佐藤さんと代表原田によるトークセッションが行われました

専門家ではなくなぜ私が理事に?

佐藤さんのご専門は戦前・戦後の日本政治外交史ということで、もっと適任者がいたのでは?という疑問にお答えする為にまず最初になぜ理事に就任したのか、について話されました。

きっかけは中央公論での対談だったそうなのですが、歴史を深く研究している佐藤さんと、参画を促す原田という構図で18歳選挙権について全く別の立場で対談した二人が話している間に通じる部分がありすっかり意気投合してしまったとのことです。

また、NPOや若者の政治参画のスペシャリストではない政治外交史という特異な立場から新たな視点や違った見方をしていただきたいということもあり理事の依頼、就任に至りました。

YouthCreateが「やるべき活動」とは?

さて、ここから話は本題の「今後のYouthCreateについて」に踏み込みます。YouthCreateが「やるべき活動」は何か、について話されました。

ここで印象に残ったのは政治の側が若者に近寄るのか、若者を政治に近づけていくのか、ひとつひとつの認識を改めて確認しながら「やるべき活動」を精査していかなければいけないというアドバイスです。

政治という経路を使って社会活動を行っていくのか、政治を利用せずに社会活動をしていくのか。結果的に社会の変革を目指せばどちらもゴールは変わりませんが、そこに着目することで活動の差別化ができます。
そうしたことを確認していくことで現在の幅が広すぎる活動や散発的になっている活動がまとまりだす、というお話でした。

YouthCreate代表原田から「今まで」と「これから」そして「3つの壁」について

YouthCreate代表の原田です。
僕からも5周年イベントの際に少し話をさせていただきました。

YouthCreateの頭の中

YouthCreateで、様々な事業を作っていくときに考えていることを改めて言語化すると以下の3つになります。

1:「選挙に行こう」 ではない政治参画の多様さ

投票って大事だけど、もっと多様な政治への関わり方があります。もちろん、選挙権を持っていない人も関わることができる方法がたくさん。さらにいえば、投票という行動は一番受身で自由度のない参画の方法かもしれないと思っていたりもします。でも、容易で大事なのですが。

2:「地域の政治と国の政治」 それぞれの大事さ

どうしても政治というと、“国政”をイメージする人が多いのですが、自分の住んでいる街の事を知ってみることは大事です。そして、国政よりも地域政治の方がとっつきやすいテーマを持っていることも多いです。

3:「人と人によるコミュニケーション」の楽しさ

政治を“個人”で調べて、学んで、考えてということは大事な時間だと思います。しかし、それだけだとちょっとつまらないし、何より“社会”に波及しません。激論をする必要はありませんが、日常の中で政治をちょっと話すということが当たり前になってほしいです。

若者と政治をつなぐ3つの壁

YouthCreateの頭の中の3つを意識しつつ活動を行ってきて見えてきた3つの壁があります。

1:“選挙”への特別視の壁 →選挙で投票に行くことこそが大事な政治参画との認識が強い事

2:政治を話すことの“社会の”タブーの壁 →中学生から大人に至るまで政治の事を話すことを良くないと思っている事

3:政治に関する情報の壁 → 特に地方政治・選挙において主権者である市民が情報をほとんど知らない事
この3つの壁を壊していくことが今後のYouthCreateのなすべきことになります。

来年度以降の新たな方向性

これらを踏まえて5周年イベントでお伝えしたのは、
「地域を変える新事業」をスタートするということ。
まだ具体的なプランや計画まで決めきれているわけではありませんが、1つの地域に特化して重層的かつ継続的に「若者と政治をつなぐ」ために、3つの壁を壊していきます。

“学校現場での出前授業”“ワークショップ”“VotersCafe”“子育て世代”“行政とのコラボレーション”“IT企画”など、これまでYouthCreateが全国で行ってきた、事業の経験を踏まえ、各事業を連携させながら進めていきます。

目指すべきは、
「若者と政治をつなぐ。そのために地域を変える」ということ。
年度内にはより詳しい方向性をお見せできるかと思います。
引き続きよろしくお願いいたします。

5周年を迎え、これから

YouthCreateは特に地域を絞った「若者と政治をつなぐ」活動を始めたいと思います。
その為にも団体にはご寄付による皆様の継続的な支援が必要です。
現在、「マンスリーサポーター」としてYouthCreateの支援・応援をしてくださる方を募集しています。
月額500円からの寄付でYouthCreateをささえていただける制度です。

現在YouthCreateの大きな収入といえば、代表原田による全国各地での講演や登壇です。
これとは別に、みなさまからのマンスリーサポーターとしての支援があれば、よりスムーズに自主的な活動を行うことができます。
そして団体が5年を迎えたということもあり今回のイベントから積極的に寄付を呼びかけることにしました。目的は継続的な活動の為、そして先にも述べた通り団体の本来の目的である「若者と政治をつなぐ」活動を強めていく為です。

今回のイベントではありがたいことに5名の方がマンスリーサポーターとして寄付にご賛同くださいました。

この、ご寄付が今後の活動資金となります。私たちはこちらをご覧になっている皆様のご支援も必要としています。
今を生きる世代が次の時代を生きる世代へ向け、何を考え、実行していけるのか?そんな活動をこれからも続けていきたいと思います!「未来志向の民主主義」をつくっていきましょう!ぜひ、宜しくお願いします。

▽マンスリーサポーターのご登録はこちらからお願いします
https://syncable.biz/associate/youthcreate/donate/

※イベントでいただいた参加者の皆様からのメッセージです