代表の原田です。
5月19日(土)にデモクラタウンin三重を三重大学にて開催しました。

自分の出張のタイミングに合わせて、YouthCreateがめざしているミッション・ビジョンをもとに、人が集う企画を作ろうと思い実施。

各地域の様々な取組や研究等を行っている方々にもお力をお貸しいただき、その地域の方のつながりと刺激を得る場も目指しました。

告知文に載せた文章は以下の通り。

Democracyという視点から地域の将来を考える場、デモクラタウン

街や地域で、色んな取り組みを行い想いを持っている多様な人々がいます。
そして同時に、みんなは民主主義社会の担い手です。
「少子高齢化・人口減少社会において市民と政治行政の連携により地域をよりよくするにはどうすればいいのか?」「そもそも、政治って大事だとは言われているが、正直よくわからん。どのように参加していけばいいの?」
そんなことをみんなで考える場を作りませんか?
三重県や全国で様々な形で地域や政治に関わる人の話をきき、そして参加者みんなで市民と街について考えていく場です。

イベントは大きく2部構成。
様々な人からのショートプレゼンの1部。ショートプレゼンを刺激に小グループで話し合う第2部。

第1部のショートプレゼンは
東大史 三重大学講師
奥田裕久 特定非営利活動法人サルシカ代表理事
小幡和輝 NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師
中森博文 三重県議会議員
・原田謙介 NPO法人YouthCreate代表
の5人からの話。

東先生は全国でやってきた地域活性化の話など

サルシカの奥田さんは、面白い企画を続け、人を巻き込む話

小幡さんは全国から人が集まり、一大イベントとなった地方創生会議の話など

中森さんからは議員の役割や、市民の議員との関わり方について

原田自身は、政治に関心を持つための視点や、主権者教育について

 

その後の第2部では「地域の関わり」などについて小グループに分かれて参加者とショートプレゼン者がディスカッション。
2回実施し、多様な人での議論となりました!

市民の地域への関わりの必要性や、そのために大事なことなどについて色んな話が出ました。
また、自分が設定したグループワークのテーマに対してのツッコミなどもいただき、刺激的な場になりました。

あっという間の2時間が終わり、主催者の一人でもある株式会社美杉リゾート代表取締役の中川雄貴さんによる締めの言葉で終了!

懇親会も大いに盛り上がりました。

もっと全国でやりたいです!

今回は初の試みで、自分もあたふたとしていて参加者は一緒に主催をしてくださった皆さんにかなり助けられました。
大学生・行政職員・政治家・NPO・企業人などなど多様な人が集まって、地域のことや民主主義のことを話す。
色んな気づきや、今後の可能性に出会える場所でした。

「民主主義」「政治」ということをストレートに語ることは日常にはめったにないと思います。
しかし、こういった多様な人とともに、色んな切り口から話すと面白いんですね。

今回は一緒に主催をしてくださったみなさんのお力により、30人のイベントとなりました。
今後も自分が出張のタイミングなどで、同様の取り組みを行えればと思っています。