【小学校での出前授業 栃木市にて実施】

先月の話になりますが、12月15日に、久しぶりに小学校での出前授業をさせていただきました。
場所は、栃木県栃木市の大平東小学校。6年生1学年を対象に実施。
「あなたの軸と政治と選挙」と題して大きく4つのセッションに分け、話を行ってきました。
生徒との対話やグループ内での議論なども多く含め、みんなで話しながら悩みながら授業をさせていただきました。

実は主権者教育出前授業が本格化した2015年秋以降、小学生向けのものはお引き受けしてこなかったのですが、今回はお話をいただき新たなチャレンジということでさせていただきました。

引き受けした理由は
栃木市選挙管理委員会事務局の担当の皆さんの熱意と実績。

これまで栃木市選管は独自でも出前授業にとどまらず多様な取組を進めてきておられます。しかし、違う人の授業を見て学びを得たいとの考えもあり、お声掛けくださったようです。
代表原田が総務省の主権者教育アドバイザーに任命されており、その制度を活用しての実施になります。

「政治は身近なものだと思うか」との質問に対し「とても思う」と回答した生徒は授業前後で26%から56%に増え
「将来投票に行くか」との質問に対し「行く」と答えた生徒は8%から61%に増えました。
そして何より、「栃木市への関心が高まった・少し高まった」と答えた生徒は87%という結果が嬉しいです。


【参加者募集中】新企画!Social Design in Politics!「若者」と「政治家」の最適なコミュニケーションを学びつくりだそう《3回連続講座》

2018年1月26日(金) 19:30~21:30
第1回:投票率80%の国、スウェーデンから学ぶ「対話の場」の重要性

2月27日(火) 19:30~21:30
第2回:電通・若者研究部が考える多様化する若者と社会を作るコミュニケーション

3月16日(金) 19:30~21:30
第3回:「若者と政治をつなぐ」活動を通して作ってきた「若者」と「政治家」の新しい関係性

詳細や申し込みはこちらから